お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2020年02月14日

DB(ダーマペンを使った土台造り)がLB(レーザーを使った土台造り)より有効か? ▲潺縫哀薀侫箸稜燦治療(rMG)

DBは白斑部の基礎の土台造りとしてミニグラフトの前に行っています。このDBだけで移植なしでも 色素再生が起る白斑の患者さんも出て来ました。それは、土台の成分(エラスチン、コラーゲン)以外に幹細胞の成分を入れたかもしれません。またこれをして週1回来院の人とDBなしで週2回来院の人を比べると少し週1回(DBを含む)の人の方が色素再生を起こす作用も強いことが分かりました。来院の回数が足りない人はぜひ週1回来院でも良いですから週1回(月1回DBを含む)で治療を続けて下さい。新メニューの方にはDBの特典があります。スタッフに相談して下さい。
△泙織潺縫哀薀侫箸亡悗靴討蓮移植(mMG)して切片は生着したけど色素の広がりが悪い方、移植後来院が少なくなる方の為に1.5倍の数のメラノサイトの切片を移植すること考え、密度濃厚ミニグラフト(rMG)と名付けました。希望の方はぜひご相談して下さい、当分の間料金は従来のmMGと同じとします。2020.2ブログ
頭部から上眼瞼部へ密度濃厚ミニグラフト(rMG)を行った直後の写真図、当日はコブルストーンは有りませんでした。移植片は頭皮で髪に覆われているので白く見えます。

cpiblog01272 at 17:23
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード