お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2014年06月18日

LS(レーザー・超音波)ルームとミニLS

 現在、LS治療は進行して利用されて患者さんも増えています。白斑のみならず、乾癬、痒疹、慢性湿疹さらに美容領域にも適用範囲が拡大しています。
 LS治療とは?表皮は結構厚く表皮細胞間は密に連結しているので、外用薬、光線といった外から真皮まで浸透するのに時間がかかったり、到達しなかったりします。その様な場合、L(レーザー)で表皮にミクロな穴(孔)を開けて、そこから病変に有効で適した溶液を入れ、S(超音波)でその溶液をさらに下方の真皮の方へ押し込み、そして最後は穴の開いた状態で光線を照射する。そうした治療です。正しくはレーザー・超音波・光線療法です。これからの皮膚科分野はこの両方がどんどん進むと考えています。その為LSルームを今月中に新設拡大する予定です。またLSルーム内に新規に購入したVトラックをLS専用に設置し使います。本来のLS療法が7月からオープンです。
 今回これを行っている中で、…砲澆房紊き白斑が小さくて照射しにくい方がいらっしゃいました。このため国内だけでなく海外にも適応出来る方法はないか我々は考え、調べ、ついに見出しました。今回工夫したミニLSは小児にも使用出来るし、奥の小さい白斑にも対応出来る小回りの効く療法です。これも武器として7月から出発します。7月からは何回も使用出来るようにLSショット回数券、ミニLS回数券も使用開始します。

LS、ミニLSをされていい結果を出してもらえたら幸いです。


LSショット回数券・ミニLS回数券↓
6月ブログ1-26月ブログ2-2

cpiblog01272 at 12:15
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード