お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2007年09月10日

日本皮膚科学会東京地方会

9月8日(土)日本皮膚科学会東京地方会が興和ホールで行われ、「メル療法が有効であった兄弟の脱色素性母斑」について発表しました。予測通り、「脱色素性母斑は治りにくいのに実際に治ったのか?」「本当に脱色素性母斑なのか?」等の質問が来ました。「今までに8例メル療法で治した(色素再生を起した)経験がある」「実際は皮膚を生検したら、尋常性白斑(分節型)か脱色素性母斑なのか確診できるのですが、やはり2、3、4才の子供に生検はできない。臨床所見、および経過観察で診断を決めた」と答えました。再び強調します。脱色素性母斑はメル療法で治ります(医学的根拠と経験から)。また光線療法を工夫することにより今まで効果の無かった方も効果が出るようにトライしますので、ぜひ希望を持って当院の門を叩いて下さい。

TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード