お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年07月18日

市ヶ谷皮フ科にてー白斑患者100名を超えてー

book東京へ出て、市ヶ谷皮フ科がオープンし、早3ヶ月が過ぎようとしています。白斑の患者さんが100名を越えました。私には100名の友人が出来たことになります。ドロップアウトした人は数%に過ぎません。遠くから(福岡〜仙台)来てくれて、一緒になって白斑という厄介な病気を、ある期間で治すことは私自身大変なプレッシャーがかかりますが、それ以上に効果が出ると嬉しいことです。本(白斑はここまで治る)・インターネット・ホームページで治療効果が3ヶ月で70〜80%出すと強調していたんですが、東京では驚くことにさらに時期が早まり、70〜80%は1ヶ月で効果が出ています。なぜ早かったのかはわかりませんが、一つ自慢なことがあります。皮膚科のドクターの中には「白斑は命に別状はなく、少しぐらい治療して色素再生が起ったってどうってことは無い」なんて暴言をはくドクターも居ます。私は「そんな事無い。白斑内に0.1mmの一粒の色素斑が出るとそれが嬉しくてその患者さんは一日が楽しいんですよ。そんな気持ちで治療していると白斑は治せません」とよく同じ皮膚科医でもケンカをするんです。
この頃はそんな気持ち(白斑の患者さんと同じような気持ちを持って、同僚の皮膚科医に腹が立つこと)が日々強くなっています。そのことが治癒率のアップにつながったのかもしれません。また朝起きたら一番に、また夢の中でも手、足の白斑は?分節型の白斑はこうしたら良いんじゃないか?と思っているんです。もうすでに3つ位難治性白斑の対策を持ち、種々当たっています。難治性の手足の白斑の方、分節型の白斑の方、もう少し待っててくださいね。早く治し、今まで苦しんだ分を治ったら取り戻してくださいね。そんな難治性の白斑の方、また光線療法にためらっている方、ぜひ市ヶ谷皮フ科の門を叩いてください。100名の白斑の友達が待っていますよ。

最近で嬉しかったこと:同じ私のクリニックで、自分も結構色素再生が起り成果が上がり喜んでいたのに、他の白斑のキッズをみて「あの子も治っているみたいだねぇ。前から待合で会い知っているんだが、よく色がついた(色素再生が起った)なぁ。良かった良かった」という声を聞き、陰で私まで嬉しくなりました。こんなとき三重だけでなく東京まで来て治療でき良かったなぁ、これが真の医療なんだなぁと思いました。こんな感動の面がここ市ヶ谷皮フ科では良く見られるんです。また明日元気で少しでも早く白斑を治さないと。そうしているとメイクドラマが起るんです、頑張るぞ。



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by あわ   2006年07月24日 23:40
5 実は私も白斑で悩んでいます。かれこれ10年近くまえから、両手にごまつぶ程の沢山の白斑に気づきました。それから気づいたら、足のスネやふくろはぎにまで、小さい白斑が、沢山できていました。 初めは何だかわからず、皮膚科にいったりしましたが、治りにくい。医者でもわからない。とかで、諦めていました。 ヘパリンの軟膏をもらったりしたことも、ありました。こんな白斑でも治りますか?先生のようなかたに、早く出逢いたかった。
2. Posted by 白斑先生   2006年07月30日 09:38
東京・三重のお友達(白斑の患者さん)と接する時間が多くて返事が遅くなりごめんなさい。手足の白斑は難敵です。でも、戦っています。一緒に友達(また一人増えてうれしい!)になり、白斑という敵をやっつけませんか。メル・レーザー等で戦い克服できると思います。スネやふくらはぎはナローで治るかもしれません。一日も早くお越しください。お会いできるのを楽しみにしています。
3. Posted by あわ   2006年08月08日 23:40
5 お返事有難うございます。長年白斑で、悩んではいますが、昔から海がすきで、サ-フィンしたり海外旅行が好きで、現在も日焼けしてます。これでも,治療の望みは、捨てずに、治せるのでしょうか?色白になる機会は、少ないです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード