お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2006年05月30日

中日新聞・東京新聞の記事(1)

5/20kiji
5月20日(土)夕刊に白斑先生の記事が掲載されました。

新治療に一念発起

三重県東員町のネオポリス診療所院長の榎並寿男さんが四月、白斑治療の最新式の照射器を備えた皮膚科を東京に開いた。白斑は肌の一部の色素が抜ける皮膚病。命に別状はないが、周囲の目を気にして、内にこもってしまう人も多いという。開院のきっかけは、効果的な治療が受けたい、という埼玉県の患者からの声。「それなら自分が行こう」と一念発起した。東京と三重の住まいを往復する毎日。「これまで治療が難しいといわれていた症状も新しい治療法で改善し、何とか患者さんを明るくしたい」
cpiblog01272 at 12:24│Comments(0)TrackBack(0)TOPICS&NEWS 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード