お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2005年12月08日

白斑先生の講義(3) UVB療法

前回の講義(1)で、白斑先生は"白斑の治療には皮膚科光線療法としてUVBとUVAが使われているが、我々はUVBしか使っていません"と書きました。理由はUVBは上手に使うとより有効性を発揮でき、より安全な療法だからです。またUVAはそれだけ照射しても作用(効果)は起こさないので薬剤(オキ)ソラレンと併用して治療に使われています。つまりソラレンを内服したり、外用したり、ソラレンの溶解液に入浴(バス)したりして、その後UVAを照射し治療する方法、つまりPUVA(P+UVA)療法として使われています。ただこの療法はソラレンがどれ位白斑部の組織に到達しているのか(濃度はどれ位なのか?)は分かりません。分かる方法があるのかもしれませんが、測定することは決して簡単ではありません。薬剤のソラレンという要素以外にUVAの量という要素が加わり2つの要素を一定にする。つまりPUVA療法に一定のレジメン(方法・計画性)を作ることは複雑で難しいのです。さらにPUVA療法により皮膚癌が発生する可能性があることもよく知られた事実です。ある論文ではPUVAはUVBの皮膚癌が発生する可能性の7倍もあるとも述べられています。だから薬剤を使わないただ照射すればよいUVBを白斑先生は治療として使っているのです。ただUVAの方が皮膚の中へより深く進入するので、皮膚の深いところに病変がある皮膚疾患にはPUVA療法の方がより有効であると考えられています。白斑の患者さんは皮膚の深くまで病変がないのでUVBで十分です。
UVBのうち私は308nmエキシマライト(メル)療法を勧めます。このメル療法はより有効で、より安全であり、病変部だけを照射するので癌のリスクも低いと考えられるターゲット光療法であるといってもよいと考えています。ただこの療法でも、表皮細胞に障害を起こすので常に慎重に経過観察する必要はあります。
cpiblog01272 at 09:03│Comments(4)TrackBack(0)白斑先生の講義 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 堀江   2006年03月16日 12:59
おたずねします。NB−UVB歴
1年3ヶ月です。週一約50回照射しましたが、分節型の白斑部(首筋6センチ四方)に効果はみられず、頻繁に通院できないことから。某都内クリニックでターゲット型光線療法DUALIGHTで、PUVAに変更しオキサロール軟膏平行して治療をはじめました。ターゲット型でもUVAの皮膚がんのリスクが高いののでしょうか?回数の限度は何回とはいまのクリニックでは説明を受けてないので心配になりました。
2. Posted by 榎並 寿男   2006年04月08日 10:17
返事が遅れてごめんなさい。
4月15日(市ヶ谷皮フ科オープンの日)都内で日本皮フ科学会東京地方会で発表しますが、やはり分節型の白斑は難治性であるから、照射時間、回数など注意を払う必要があります。PUVAはP(ソラレン)プラスUVAです。Pの濃度が照射する部位にどれ位であり、どれ位が最適なのかを知る方法は至難のワザであり、その上UVAという要素が加わると余計複雑です。さらにUVBより7倍PUVAの方が癌になりやすいという文献をみて、私はPUVAを使用しておりません。ターゲット光療法としてUVAを使った論文、効いたという論文や学会報告は私の知っている限りないし、またそれをターゲット光療法というのかどうか疑問です。
ターゲット光療法は308エキシマレーザー、308MEL(メル)をいうのが普通です。論文ではそう書いてあるし、私もそのように認識しています。
 
3. Posted by 小松 ルミ   2006年10月13日 20:09
3 小学2年生です。発病して2年ほどです。治療を受けたいとおもいますが、山形県酒田市にすんでいるので、近くに同じ治療を受けれるところがあれば教えてください。
4. Posted by 白斑先生   2006年11月02日 20:12
メールありがとう。皮膚科はやはり視診が重要なので、ぜひ1回は診察させてください。山形県には白斑治療に専念している皮膚科専門医はいないと思います。山形県のDrが全国的な皮膚科学会での発表もあまりありません。週に1〜2回は来院できないでしょうか?他の病院、皮膚科クリニックより必ず治療の効果は早く出しますし、差をつける自信はありますが…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード