お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2005年12月07日

白斑先生の講義(2) 中波長紫外線(UVB)の最少紅斑量(MED)

MEDとは光線を照射するとその部分がほんのり紅くなる量です。これが白斑を治療するときに必要です。我々は白斑を主としたナローバンドUVB療法に有効な皮膚疾患を持った患者さん60名のMED(nMEDと名づけた)を測定し平均値0.62J/c屬鯑世泙靴拭また白斑の皮膚科光線療法では一番有効とされる308nmメルで白斑の患者さん24名のMED(mMEDと名づけた)を測定し平均値0.27J/c屬鯑世泙靴拭G板垢3nm違う(308→311)だけでMEDが2倍以上(0.27→0.62)違うのも興味深いですねぇ
cpiblog01272 at 10:48│Comments(0)TrackBack(0)白斑先生の講義 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード