お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2020年10月

2020年10月14日

新宿皮フ科の皮膚移植は術前処理として幹細胞を加えた,電動式のミニグラフト(mMG)

我々の行っている皮膚移植は他のクリニックと違い
.泪掘璽鵑鮖箸辰禿兎絢阿縫潺縫哀薀侫箸鮃圓辰討い襦これを使うと(グラフト)の数は1000個まで採取でき白斑もかなり大きな白斑まで移植出来ます。
△泙申兪阿砲録身蕕縫┘薀好船鵝▲灰蕁璽殴鵝幹細胞を入れる土台造りも行っている。この事によりmMGで入れたメラノサイトが働きやすくなりより多く、より早く色素再生が起り色素斑の維持の持続ができる。
他のクリニックで行っているミニグラフト(手動)と全然違います。(8月19日のブログも参照)
2020.10.20

cpiblog01272 at 10:43|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード