お問い合わせサイトマップホーム
皮膚科光線療法について白斑でお悩みの方乾癬でお悩みの方センターのご案内よくある質問薬の知識

2019年11月05日

将来はmMG(マーシンによるミニグラフト)変法、現在はやはりBM療法

先月10月19日東京地方会があり「光線+mMGで優秀な色素再生を得た成人白斑20例および白斑部の組織化学的所見」というタイトルの下で、発表しました。つまりmMG+光線で成人20例が全例優秀な色素再生を起こした(ほとんど治った)白斑部は表皮だけでなく真皮も異常があったといった内容を発表しました。さらにそれに関した内容で今月(11月)は基礎的なものを日本皮膚科学会東京支部で発表し、来月(12月)には臨床的な関連からの発表予定で、今月のブログは、mMGの変法を発表したいと考えています。どんな方法でしょうか?mMGに非常に近い療法です。まずmMGを行う場合一番手を焼く作業は何でしょうか?正常皮膚を頭皮から取り、それを白斑部に植え付ける作業が一番時間と手間がかかります。それを簡単化する方法が無いかなと考えていましたが、あるアイディアが浮かんで実行してみました。10月のブログに書いていますが、まず頭部より白斑の面積の10%の正常皮膚を採取しそれを均一化(ホモジナイズ)し、メラノサイトが生き生きしていることを確認し、白斑部に孔を空けその孔の中に細胞液を流し込み入れるのです。孔を空けるにはレーザーでも良いと思いますが、初めてのトライなので麻酔のもと、マーシンにより0.8mmでドリルの様に孔(穴)を空けてすぐメラノサイトの入った溶液を孔の中に流し込んで工夫してみました。ただこの方法はまだ成功した療法とは言えません。将来、一番理想的な方法でそれまでには時間はかかります。現在は一番有効な療法はBM療法です。B(基本土台造り)を行い、M(MGでメラノサイトを注入)の略です。
cpiblog01272 at 12:30|この記事のURL

2019年10月11日

台風19号の影響

台風の影響により12日(土)の最終受付は11:50までとさせて頂きます。
ご了承ください。


                         新宿皮フ科
cpiblog01272 at 16:00|この記事のURL

2019年10月08日

白斑の治療法

‘皺陛治療法として光線療法があります。白斑部の表皮にはメラノサイトが無いので、この光線療法だけでは時間もかかるし(平均1年間週2回照射し、全白斑の50%治ると良い方と思います。それから後はさらに色素再生が難しくなる)いつ完治するのか分らない療法です。
外科的療法としてはミニグラフト療法があり、この療法が一番根本から治す良い方法だと思っています。メラノサイトが無いのであれば、グラフトによりメラノサイトを補給する方法で治療の理にかなっています。最近になり白斑部はメラノサイトが無いだけでなく、表皮より奥の真皮まで欠陥があることも分かってきました。それを修正してミニグラフト行う必要があります。ミニグラフトは大きな白斑だと頭皮から採取、白斑部への挿入補填作業が非常に手間をかかります。そこで我々は採取数の10%の数の皮膚で移植する方法を考えつきました。
つまり白斑部のミニグラフト数の10%の皮膚を採取して、それを細胞に傷つけないように均一化(ホモジナイズ)して、その細胞を白斑部の皮膚に植え付ける方法です。この方法はミニグラフト改良法です。ミニグラフト改良法は時間短縮出来て、患者さんの体力的(スタッフの手間的にも)、金銭的にも軽減される療法です。11月上旬にも開始します。

cpiblog01272 at 19:31|この記事のURL
TOPICS情報
学会や専門誌等への掲載・発表
TOPICS & NEWS
各診療所サイトへ
新宿皮フ科 日本白斑センター
ネオポリス診療所
八幡クリニック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード